部活動

部活動で流す汗は青春そのもの!
高校時代に部活動に所属し活動することは、将来社会に出た時に大変役立ちます。
みんなで頑張るチームワーク、一人一人の目標に向けたたゆまぬ努力、力が発揮できた時の達成感や成就感など、様々な経験を通して生きる力を身に付けることができます。
そこで、本校では部活動に全員参加することを原則として、部活動の盛んな学校にすべく学校全体で取り組んでいます。
横芝敬愛高校部活動
「部活動を頑張りたい!」と考えている人、「スポーツ推薦・スポーツ特待制度」を利用して入学した人には、充実した3年間になること間違いなし!

★本校では学校説明会などの機会のほか、随時部活動見学を受け付けていますので、遠慮なくご連絡ください。℡ 0479-82-1239

部活動情報

2022年6月18日 14時24分 [trt]

活動報告

弓道部

こんにちは。弓道部です。
令和4年度の弓道部は、3年生男子1名女子2名、2年生男子1名女子3名、1年生男子1名女子2名の10名で活動しています。
初心者の1年生も一生懸命練習していて、例年より早く、1学期の中間テスト後には的前に立てるようになりました。1年生女子の石井さんは、6月の高校総体千葉県予選会に出場しました。

2018年12月24日 10時20分 [yokokei]

【硬式野球部】鎌田光津希選手激励会開催

硬式野球部

12月23日(日)夕刻、ヒューマンプラザ黄鶴において、ロッテマリーンズから育成ドラフト1位で指名された鎌田光津希選手の激励会が開催されました。
この激励会は横芝敬愛高校硬式野球部OB会の主催によるもので、多くの関係者が集まり、盛大に行われました。
鎌田光津希選手は、本校卒業後、敬愛大学、徳島インディゴソックスで活躍してきました。ロッテマリーンズでは持ち味の155㎞の速球等を武器に大活躍するのではないかと期待されています。
激励会では、鎌田選手より「多くの皆様の支援がなければここまで成長できなかった。」という感謝の言葉とともに、「もっともっと勉強し、練習に励み、一刻も早く支配下登録を目指し、そして一軍で活躍する姿を見せたい。」と決意の言葉が贈られました。
ロッテマリーンズには、本校OBの高木晃次さん(激励会にも出席されていました。)や小林茂生さんが現在もスコアラーとして活躍されています。鎌田選手もこのような頼もしいOBの下で持てる力を十二分に発揮され活躍されることを本校職員、生徒一同心より願っています。

【写真】
(上左から)OB会長挨拶、伊藤翔選手(西武ライオンズ)激励の言葉
(2段目)高校時代の担任・同級生(左)、野球部顧問(右)による励ましの言葉
(3段目)御両親に花束贈呈、そして万歳三唱で締め
鎌田光津希選手激励会

2018年4月21日 16時42分 [itg]

【野球部】OB伊藤翔さん 記念樹・記念品

硬式野球部


昨年10月に行われたNPBドラフトで、埼玉西武ライオンズから3巡目指名を受けた伊藤翔さんより、入団記念樹と記念品をいただきました。


(入団記念樹)

記念品は、ピッチングマシンに変えさせていただき、後輩達の練習活動の充実のため使わせていただきます。


伊藤翔さんは、当初の目標であった開幕一軍入りを果たしています。
また、4月11日にはZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ戦にて、初登板を1回無失点という上々の結果で飾っています。

横芝敬愛高校 硬式野球部は、伊藤翔投手の活躍を応援しています!

2017年12月3日 20時00分 [yokokei]

【野球部】歴代プロ野球選手出席「硬式野球部創部50周年記念式典」

硬式野球部

本日(12月3日)、成田ビューホテルにおいて「横芝敬愛高等学校硬式野球部 創部50周年記念式典」及び「伊藤翔選手激励会」が開催されました。
同野球部のOB会が主催したもので、横芝光町佐藤町長様をはじめ多くの方を来賓としてお招きし、OBを中心に200人以上が集って盛大な会となりました。
会の後半には、OBの中でもプロ野球選手として活躍した
19期生 高木晃次さん(千葉ロッテマリーンズ所属)
20期生 小林茂生さん(千葉ロッテマリーンズ所属)
22期生 大塚晶文さん(中日ドラゴンズ、サンディエゴ・パドレス所属)

の3人が登壇し、埼玉西武ライオンズからドラフト3巡目指名を受けた
49期生 伊藤翔さん
から花束を贈られるなど、豪華な顔ぶれが並び、大変盛り上がりました。
硬式野球部、そして伊藤翔選手の益々の活躍を皆で期待したいと思います。

高校野球ドットコムにも当日の様子を含めて掲載されています。→こちら

【写真】左から高木晃次さん、伊藤翔さん、小林茂生さん、大塚晶文さん
横芝敬愛高等学校硬式野球部創部50周年記念式典

2017年11月19日 18時17分 [itg]

【野球部】「Keiaiトレーニングハウス」始動

硬式野球部

この度、新トレーニング施設「Keiaiトレーニングハウス」が誕生しました!

このHPで既にお伝えしてあるように、今年の春、監督が選手全員分のロッカーを自作し、新部室への移転をしました。
そこで、空いた旧部室をリニューアル。ピッチャートレーニングを中心に自主練習などで、いつでも使えるトレーニング施設として生まれ変わりました。

今後はフリーウェイト(バーベルなどのこと)など基本的なトレーニングは他部と共用する学校のトレーニングルームで行い、競技特性に応じた専門性の高いトレーニングについては「Keiaiトレーニングハウス」を使用することができます。

夢を叶えるための努力を、存分に! 甲子園を目指し、より上のレベルでプレーすることを求め、大きく羽ばたく選手が続々と育ってくれることを期待しましょう!

* この場をお借りして、建物の改修にご協力いただいた「野球部父母会」の皆様と、さまざまに知恵をつけていただいたトレーニング関係者の皆様、また、施設を整える上で参考とさせていただいた「インディゴコンディショニングハウス」の皆様にお礼申し上げます。

2017年11月2日 12時00分 [yokokei]

【野球部】伊藤翔君、年間MVPに選出

硬式野球部

四国アイランドリーグplusの2017年度アワードが11月1日松山市で行われ、伊藤翔君(今春卒業)が年間MVPに選出されました。(報道記事はこちら
ドラフト会議において西武ライオンズから3位指名を受け今後の活躍が期待されている同君ですが、今回の年間MVP以外にも様々な栄誉に輝いています。

〇グランドチャンピオンシップMVP(日本独立リーグ)
〇チャンピオンシップMVP(四国アイランドリーグ)
〇ベストナイン(四国アイランドリーグ)
〇年間グラゼニ賞(四国アイランドリーグ)
〇四国4県知事連携による2017シーズンMVP
横芝敬愛高校 伊藤翔

2017年10月27日 10時00分 [yokokei]

【野球部】伊藤翔君、ドラフト会議指名の瞬間

硬式野球部

今春卒業し徳島インディゴソックスで大活躍の伊藤翔君がドラフト会議において西武ライオンズから3位指名されたときの様子です。
※徳島インディゴソックス球団 公式youTubeチャンネル(2017/10/26 に公開)より

2017年10月19日 10時38分 [itg]

【野球部】OB伊藤翔さん「独立リーグ日本一」&「MVP獲得」

硬式野球部

この3月に卒業した硬式野球部OBの伊藤翔さんが入団した「徳島インディゴソックス」が「独立リーグ日本一」となりました。

伊藤翔さんの「四国アイランドリーグ+」でのシーズン成績とその後に行われた「チャンピオンシップ」「グランドチャンピオンシップ」での活躍ぶりについて報告します。

 

伊藤さんは先発ローテーション投手として1年間活躍を続けました。築きあげた成績は8勝(リーグ2位)、防御率2.18(同3位)、97奪三振(同2位)という素晴らしいもので、球速をMAX152km/hまで伸ばすと共に、今や名実共にアイランドリーグを代表する投手へと成長しています。

 

前期優勝を果たした「徳島インディゴソックス」は「四国アイランドリーグ+」No.1の座を賭け、後期チャンピオンの「香川オリーブガイナーズ」と年間総合優勝決定戦「チャンピオンシップ」を戦いました。

この戦いで伊藤さんはまず第1戦に先発。見事大一番を制し2安打1失点完投勝利を挙げています。その勢いのまま、優勝に王手のかかった第4戦にも先発し、今度は3安打完封勝利を挙げました。

結果、「2戦2勝・防御率0.50」という圧倒的な成績を収め「チャンピオンシップMVP」を獲得しました。

 

この優勝で、徳島インディゴソックスは「ルートインBCリーグ」優勝チーム「信濃グランセローザ」との間で行われる、独立リーグ日本一決定戦「グランドチャンピオンシップ」に駒を進めました。

 

「グランドチャンピオンシップ」では、伊藤さんはまず第2戦に先発。7回を投げ1失点で勝利投手となりました。続いて、優勝に王手をかけた第4戦で、やはり7回を投げ被安打3・無失点・10奪三振の好投を見せました。残念ながらこの試合では勝ち星はつかなかったものの、大いにチームに貢献しました。

最終戦で勝利した「徳島インディゴソックス」は独立リーグ日本一の栄冠を手にし、伊藤翔さんが「グランドチャンピオンシップMVP」を獲得しています。

 

独立リーグ日本一、チャンピオンシップMVP、グランドチャンピオンシップMVPと、最高の結果でシーズンを終えた伊藤翔さん。今後ますますの飛躍が期待されます。


 

2017年8月26日 18時14分 [itg]

【野球部】スタッフ2名徳島へ

硬式野球部

8/17(木)、本校硬式野球部スタッフ2名がOB伊藤翔さんの所属する四国アイランドリーグ「徳島インディゴソックス」球団の公式戦視察及びトレーニング研修の為、現地を訪問しました。

 

まずは午前中、「徳島インディゴソックス」にトレーナー派遣されている殖栗さんとの懇談のため「インディゴコンディショニングハウス」へ。(*プロアマ協定に反しないことは確認済みです。)

投手の球速UPの為に実践している身体作りのノウハウを中心に、トレーニングに関する様々な測定の数値目標とその根拠など、様々な興味深いお話をいただき、大変有意義な意見交換をする機会を得ることができました。

 

 




午後からは球場へ移動し、夕方から行われる試合を観戦。
 (伊藤翔さんの「のぼり」も発見。)

 

当日の試合は「読売ジャイアンツ(三軍)」交流戦という好カード。先発した伊藤翔さんは、8回2失点の好投で勝利投手になりました。序盤はやや緊張が見えたものの中盤から調子を取り戻し、5連続を含む12の三振を奪う快投。最高球速も148km/hを計測しています。
間近で選手を目にすることができ、NPB(日本プロ野球)入りを目指す選手たちの熱気が肌で感じられる四国アイランドリーグ独特の雰囲気が刺激的でした。

 

今回得た刺激をもとに、本校野球部のトレーニング指導の実践力を高め、更なる環境整備に努めたいと思います。

(本研修の実現にご協力いただきました多くの皆様にお礼申し上げます)

2017年6月28日 12時31分 [itg]

【野球部】四国IL選抜vsヒューチャーズにOB登板

硬式野球部

6/20~22、東京都の大田スタジアムにおいて四国アイランドリーグplus選抜VS「ヒューチャーズ」(プロ野球イースタンリーグ混成チーム)との交流戦が行われました。

このNPBへの登竜門となる交流戦に、本校硬式野球部OBの丸山雄大さん(高知ファイティングドッグス)・伊藤翔さん(徳島インディゴソックス)の両投手が出場しました。

まず第一戦では、リーグ戦前半戦で既に5勝を上げ最多勝争いでトップタイに並んでいる丸山さんが登板。1回を投げ3奪三振と、素晴らしい結果を得ました。

雨天中止の第二戦を挟んで、第三戦では伊藤翔さんが先発。3回を投げ1失点と堂々たるピッチングを披露しました。伊藤さんは6/5に行われた中国・天津ライオンズとの日中交流試合で152km/hを出し、自己最速を更新しています。

今後のお二人の活躍に期待しましょう!



6/22 伊藤翔さんのピッチング